Windows8完全シャットダウン

Windows8では、通常のシャットダウン方法は「高速スタートアップを有効にする(推奨)」が標準でオンになっています。 この機能はWindows8の起動時にBIOS等のチェックを省いて起動時間を短縮する機能(実際はWindowsの休止状態)です。 その為、BIOS設定やメモリ・ハードディスク等の増設時には完全シャットダウンが必要になります。 今回は完全シャットダウン方法について御紹介します。 ※今回の方法は、1回だけ完全シャットダウンで実施したい場合に有効です。

完全シャットダウン1 キーボードがある場合

1.マウスカーソルを右上(Windowsキー+Cでも可)もしくは画面右端から中央に向かってスワイプして「チャーム」を表示させます。

2.「設定」をクリックして右下に表示される「電源」をクリックして「Shift」+「再起動」をクリックします。

3.「 オプションの選択 」 画面が表示され「PC の電源を切る」をクリックすると完全シャットダウンになります。

完全シャットダウン2 キーボードがある場合

1.チャームを表示します。(表示方法は上記を参考にして下さい)

2.「設定」をクリックして右下に表示される「PC設定の変更」をクリックして「PC設定」画面が表示されたら、画面左側にある「全般」を選択すると画面右側(下方向にスクロールすると一番下に表示されます。)にある「今すぐ再起動する」をクリックします。

3.「 オプションの選択 」 画面が表示され「PC の電源を切る」をクリックすると完全シャットダウンになります。