高速観測システム LandStation-LNがレイアウトナビゲーター「LN-150」に対応!

現場で簡単!速い!そして安心

一人で誰でも簡単に素早く観測できる!

データコレクタ「FC-500・250」対応の高速観測システム「LandStation-LN」がトプコン製最新のレイアウトナビゲーター「LN-150」に対応。
機動性を向上させた「LN-150」と防滴・防じんに対応のデータコレクタ「FC-500・250」をご利用頂き、更なる作業効率の向上にご活用下さい!!

詳細は「LandStation-LN」製品情報をご覧下さい。

LN-150/100対応高速観測システム LandStation-LN

現場で簡単!速い!そして安心

一人で誰でも簡単に素早く観測できる!

簡単器械設置!

LN-150・LN-100は、軽量(4kg)で持ち運びが非常に楽で、機動性が高い器械です。また三脚に固定し、電源を入れるだけで自動整準を行います。気泡管を見ながら水平をとる作業は必要ありません。

スピード観測!

放射観測では、観測したい場所にミラーを立て、データコレクタの「ENT」キー(青いボタン)を押すだけ。簡単操作ですばやく観測が行えます。観測した点がすぐに画面にプロットされますので、観測確認出来て安心です。

三種の放射観測モードで、様々な場面で利活用

手動プロット、カウントダウン、及び定間隔によるオートプロットで、簡単に座標取得ができます。ハンズフリーでテンポよく座標を取得したい場合、カウントダウンによるオートプロットがお勧めです。

LSLN1vol2

 

スピード杭打ち!

登録した座標を、リストから選択すると、LN-150・LN-100が自動で目標位置に向きを変え対象地点に誘導します。目標地点に移動しミラーを立てると、画面上で目標座標からのズレをミリ単位で表示し誘導してくれますので素早く杭打ちが行えます。杭打ちが完了したら再度ミラーで位置を確認しFCのボタンを押すだけ

杭打ちはすばやく検索、近づくと音でお知らせ

点名入力で、座標をすばやく検索でき、目標地点に近づくと音でお知らせします。杭打ちした結果は確認時にテキストデータに記録できます。

LSLN2vol2

安心な堅牢性!

LN-150/100、FC-500/250ともに、防塵防水です。現場で使用しても、環境により器械が破損することはありません。安心して現場作業を行うことが出来ます。

LN-150/LN-100:保護等級IP65
(じんあいの侵入があってはならない。噴流に対して保護する)
FC-500:保護等級IP68
(じんあいの侵入があってはならない。潜水状態での使用に対して保護する)
FC-250:保護等級IP66
(じんあいの侵入があってはならない。暴噴流に対して保護する)

LN-150の詳細はこちら(メーカーサイトへジャンプします)

カタログ

PDFファイルをご覧頂くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
アドビシステムズ社よりダウンロード(無償)してご覧下さい。

本製品のお問い合わせ

株式会社テクノシステム 開発部
TEL: 022-297-2151
e-mail:develop@techno-web.co.jp

 

「WindowsによってPCが保護されました」メッセージへの対応手順

Windows10・8.1をご使用の環境で、弊社システムの更新プログラムを「最新版ダウンロード」等でダウンロードした場合、実行時に「WindowsによってPCが保護されました」とメッセージ表示される場合があります。

弊社では事前に当社環境でウィルスチェック等行った上、更新プログラムをご提供しております。

上記のメッセージが表示された場合、「詳細情報」をクリック後、「実行」ボタンを押しインストールを行って下さい。

手順の例(LandStation-CZの場合)
①インストールプログラムをダウンロード
・実行します。
②「WindowsによってPCが保護されました」
メッセージが表示されましたら、「詳細情報」
をクリックします。
③「アプリ」が弊社でダウンロードした
プログラム(MSI、EXE形式)であること
を確認頂き「実行」を押して下さい。
④インストール画面が表示されます。
画面の指示に従ってインストールして下さい。

上記手順の③で「実行」ボタンが表示されない場合(Windows 10 1709以降のみ)

Windows10の「Windows Defender セキュリティセンター」の「アプリとブラウザー コントロール」を開き、「ブロック」を「警告」に変更頂く事で、「実行」ボタンが表示されます。

ブラウザーがMicrosoft Edgeの場合は「Microsoft EdgeのSmartScreen」を、
その他のブラウザーの場合は「アプリとファイルの確認」の設定を変更して下さい。

他社の製品やインターネット上で公開されている各種ソフトにつきましては、それぞれ確認を頂いた上ご使用頂く様お願いします。