【更新】Windows Update(2019/11/13)による弊社システム不具合について

弊社オリジナル製品LandStation-S、LandStation-Y で、古い現場データを開く際に、
読み込み時に初期チェックエラーとなり、起動できない現象が発生しています。

原因として、2019 年11 月13 日のWindowsUpdate に不具合があり、それに起因するものと考えられます。

11月15日 18時以降に公開されたシステムのアップデートをご使用頂く事で、不具合への回避が可能となりました。
現象が発生されている方にはお手数をお掛けいたします。アップデートを行ってからご利用下さい。

ご不明な点につきましては 弊社までお問い合わせ下さい。
メール: develop@techno-web.co.jp

弊社システムの新元号対応について(2019/04/01更新)

2019年5月1日からの改元への弊社システムの対応状況をお知らせします。
本情報は2019年4月1日現在の情報です。更新時は本ページにて御案内致します。

  1. 元号(和暦)を使用するシステム
    1. 改元への対応済み
      1. 【更新】用地調査支援 LandStation-Y Ver 2
        •  2019年4月1日 14時以降、システムのアップデートで新元号「令和」へ対応となりました。
          (アップデートには「サポートサービス」へのご加入(有償)が必要となります。)
      2. 【更新】地籍調査支援 LandStation-S Ver.3
        • 2019年4月1日 14時以降、システムのアップデートで新元号「令和」へ対応となりました。
          (アップデートには「サポートサービス」へのご加入(有償)が必要となります。)
        • Ver.2・Ver.1はVer.3へのバージョンアップ(有償)が必要となります。
    2. ご使用のWindows、Microsoft Officeに依存(※マイクロソフト提供のアップデートにより対応されます)
  2. 西暦のみ使用するシステム
    • 本件には該当しません。そのままご使用頂けます。

弊社システム利用PCでのOffice365・Office2019インストールについて

弊社システムでは『Microsoft Office(以下、Office)』を別途必要とする製品が有ります。

これらは基本的に『Office(32ビット版)』で動作、『Office(64ビット版)』では標準機能では未対応となっております。
後述の『2.Microsoft Officeが必須(64ビット版対応可能)』では追加設定を行うことで動作します。

昨年よりMicrosoft Office 365ならびにOffice 2019ではインストール時の選択肢において
Office(64ビット版)』が初期設定となったため、
画面の指示通りにOfficeのインストールを行うと、弊社システムが起動しない場合があります。

参考情報:「マイクロソフト Office製品情報(外部リンク)」

後述の『1.Microsoft Officeが必須(64ビット版未対応)』製品をご利用される場合、
Officeのインストール時には必ず『Office(32ビット版)』を選択するようにして下さい。
Office(64ビット版)』をインストールした場合は、再インストールをお願いします。

弊社のMicrosoft Office対応製品は下記の通りです。

  1. Officeが必須64ビット版未対応)
    • LandStation-M 地籍情報管理 
    • LandStation-F 地籍フォーマット2000ユーティリティ
    • LandStation-UAV Ver.1 UAV業務支援(機体管理)
    • LandStation-V 現地調査
  2. Officeが必須(64ビット版対応可能)
    • LandStation-S 地籍調査支援
    • LandStation-Y 用地調査支援
  3. 一部機能でOfficeを使用(32ビット版・64ビット版対応)
    • LandStation-UAV Ver.2 UAV業務支援(精度管理)
    • LandStation-Pocket 現地調査システム(PCユーティリティ)
    • LandStation-DL 縦断・横断手簿作成システム

弊社オリジナルAPのWindows10(バージョン1803)による障害について(解消の報告)

弊社システムをWindows10でご使用頂いて居る場合、アップデート機能等によりバージョンを「1803」に更新すると、
対象となるシステムが正常に動作しなくなる現象を一部のパソコン確認いたしました。

先日(2018/7/25)にマイクロソフトより公開されたアップデートプログラムの最新版を適用することで、本現象が解消されたことを確認致しました。

本現象が発生する弊社システムをご使用中の皆様へは大変お手数・ご迷惑をお掛けしておりました。

Windows10(バージョン1803)をご使用の場合、ご使用となるパソコンのバージョン番号を再度ご確認頂き、お手数ですがアップデート機能を実行頂き、OSのバージョンを最新版に更新して下さい。

  • 対象システム
    ・地籍調査支援システムLandStation-S
    ・用地調査支援システムLandStation-Y
  • 対応しているパソコンのバージョン情報
    ・OS:Windows10 バージョン1803(OSビルド17134.191)
    ※本現象はWindows10 バージョン1709以前、またWindows8.1以前のOSで弊社製品をご使用のお客様は該当致しません。

Windows10のバージョンの確認手順
1)スタートボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」メニューを選択して下さい。
2)名前の欄に「winver」と半角で入力し、「OK」ボタンを押して下さい。


3)「Windowsのバージョン情報」が表示されますので、ご使用のWindows10のバージョン・OSビルドを確認して下さい。
(確認後は「OK」ボタンを押して本画面を閉じて構いません)

ご不明な点、お気づきの事項等ございました際は弊社までご連絡下さい。
メールアドレス:develop@techno-web.co.jp

引き続き弊社製品をご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。