Windows 10をご使用中のお客様へ(May 2020 Updateへの更新について)

弊社オリジナルアプリケーション「LandStation」シリーズについてのお知らせです。

『Microsoft Windows 10 May 2020 Update』対応について

日本時間の2020年5月末にマイクロソフト社より「Windows 10」の大型アップデート「May 2020 Update(バージョン2004)」がリリースされております。

弊社オリジナルアプリケーションをWindows 10でご使用のお客様におきましては、
弊社にて動作確認完了後まで、本バージョンへの更新はお控え頂きますよう御願い申し上げます。

また、本OSはご使用の環境によっては何点かの不具合が発生している旨、公式ページよりアナウンスされています。
https://docs.microsoft.com/en-us/windows/release-information/status-windows-10-2004 (英語版)

他社のシステム(ソフトウェア・ハードウェア)につきましては各社からの情報をご確認ください。

よろしくお願い申し上げます。

プロテクト機器(HASP)が認識しない場合(2020/4/27更新)

当社製品で使用しているUSB型プロテクト機器「Sentinel HASP」の最新版ドライバは、タレス社のサイトよりダウンロードして下さい。

本ドライバは2020年4月27日現在、下記のバージョンのWindowsにて動作確認されております。

  • Windows 7 SP1
  • Windows 8.1 SP1
  • Windows 10 Version 1903(Version 1809をご使用中の方は下記の「ご注意」をご覧下さい)
  • Windows 10 Insider Previewビルドには対応しておりません。

当社対応製品

  • LandStationシリーズ(Windows対応製品)、T-Converter
    ※TSアプリケーション(TS-DOR、DIG、DSK等)はWindows8/10以降での動作は保証しておりません。

ダウンロード手順

  1. 下記リンクをクリックして下さい。ダウンロードサイト(別ウィンドウで表示されます)※サイトのアドレスは予告なく変更される場合がございます。
    ページが正しく表示出来ない場合、下記の手順でダウンロードサイトを表示して下さい。

    1. タレス https://cpl.thalesgroup.com/ja へアクセス
      ※メニューが日本語で表示されていない場合、画面右上の「EN」をクリックし「Japanese(JA)」を選択して下さい。
    2. メニュー「サポート」-「Sentinelドライバーとダウンロード」をクリックします。
    3. 画面中の選択箇所より「Sentinel LDK & LED EMS Runtime Packages」を選択して下さい。
    4. 画面左側の「Operation System」から「Windows」を選択して下さい。
  2. 画面上に表示されるファイルから「Sentinel HASP/LDK Windows GUI Run-time Installer(バージョン番号)」をクリック
  3. 画面下の「Click heres to download file: (DOWで始まる数値)」をクリック
  4. 画面をスクロールさせて、下部の「I Accept」をクリック
  5. ブラウザの指示に従い、ファイルをダウンロードして下さい。

インストール手順

  1. HASPが装着されていた場合、取り外しておいて下さい。
  2. ダウンロードしたファイル(~.zip)を解凍頂き、フォルダ内の「HASPUserSetup.exe」を実行します。
  3. 画面の指示に従い、ドライバのインストールを行って下さい。
    ※この時、既に旧バージョンのドライバがインストールされていた場合「Repair」「Remove」の選択肢が表示されます。
    その際は、下記の手順を行って下さい。

    1. 「Repair」「Remove」の選択画面が表示されますので、「Remove」を選択し「Next」を押します。
    2. 旧バージョンのドライバの削除が行われます。画面の指示に従って、ドライバの削除を行って下さい。
    3. 再度、インストール手順1からインストールを行って下さい。
  4. HASPを装着すると本体内蔵のLEDが点灯状態となります。
    (点滅状態や、Windowsのドライバが設定されている状態の場合はお待ち頂下さい)
  5. プログラムの動作を確認して下さい。

ご注意

  • 一部の環境ではドライバをインストールしてもプロテクト機器が認識しない場合があります。
    この場合は一度ドライバをアンインストール後、Windowsを再起動してからインストールを行って下さい。

    • ドライバのアンインストール手順
      1.下記の「ダウンロードサイト(別ウィンドウで表示されます)」をクリック、画面上に表示されるファイルから
      Sentinel HASP/LDK Windows Command Line Run-time Installer(バージョン番号)」をクリック、「ダウンロードの手順」の「3」以降の手順でダウンロードします。
      2.「スタート」を右クリックして「ファイル名をして実行」を選びます。
      3.1でダウンロード・解凍したファイル「haspdinst.exe 」を2のウィンドウにドラッグ&ドロップ
      4.2のウィンドウ末尾に 「~haspdinst.exe (空白) -r」を追加 ※(空白)はスペースです。
      5.アンインストールが成功すると「Operation successfully completed」のメッセージが表示されるので「OK」を押して下さい。
      6.アンインストール後、Windowsを再起動します。

     

LN-150/100対応高速観測システム LandStation-LN

現場で簡単!速い!そして安心

一人で誰でも簡単に素早く観測できる!

簡単器械設置!

LN-150・LN-100は、軽量(4kg)で持ち運びが非常に楽で、機動性が高い器械です。また三脚に固定し、電源を入れるだけで自動整準を行います。気泡管を見ながら水平をとる作業は必要ありません。

スピード観測!

放射観測では、観測したい場所にミラーを立て、データコレクタの「ENT」キー(青いボタン)を押すだけ。簡単操作ですばやく観測が行えます。観測した点がすぐに画面にプロットされますので、観測確認出来て安心です。

三種の放射観測モードで、様々な場面で利活用

手動プロット、カウントダウン、及び定間隔によるオートプロットで、簡単に座標取得ができます。ハンズフリーでテンポよく座標を取得したい場合、カウントダウンによるオートプロットがお勧めです。

LSLN1vol2

 

スピード杭打ち!

登録した座標を、リストから選択すると、LN-150・LN-100が自動で目標位置に向きを変え対象地点に誘導します。目標地点に移動しミラーを立てると、画面上で目標座標からのズレをミリ単位で表示し誘導してくれますので素早く杭打ちが行えます。杭打ちが完了したら再度ミラーで位置を確認しFCのボタンを押すだけ

杭打ちはすばやく検索、近づくと音でお知らせ

点名入力で、座標をすばやく検索でき、目標地点に近づくと音でお知らせします。杭打ちした結果は確認時にテキストデータに記録できます。

LSLN2vol2

安心な堅牢性!

LN-150/100、FC-500/250ともに、防塵防水です。現場で使用しても、環境により器械が破損することはありません。安心して現場作業を行うことが出来ます。

LN-150/LN-100:保護等級IP65
(じんあいの侵入があってはならない。噴流に対して保護する)
FC-500:保護等級IP68
(じんあいの侵入があってはならない。潜水状態での使用に対して保護する)
FC-250:保護等級IP66
(じんあいの侵入があってはならない。暴噴流に対して保護する)

LN-150の詳細はこちら(メーカーサイトへジャンプします)

カタログ

PDFファイルをご覧頂くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
アドビシステムズ社よりダウンロード(無償)してご覧下さい。

本製品のお問い合わせ

株式会社テクノシステム 開発部
TEL: 022-297-2151
e-mail:develop@techno-web.co.jp

 

ビデオ活用型 現地調査システム LandStation-V

現場は身軽にオフィスで後処理

Land Station-Vは、現場の状況をオフィスで確認し調査対象物の位置情報を地図上で管理するシステムです。
現場にビデオカメラとGPSのみを持ち出して撮影しその動画を取り込むことで、簡単にマップと連動させることができます。動画を参照しながら、対象の位置と属性を登録できます。

『ジンバル搭載高解像度カメラDJI Osmo Pocket』や、『ドローン空撮動画』にも対応。
更なる進化を続け、多岐に渡る業務にご活用いただけます。


続きを読む

【更新】Windows Update(2019/11/13)による弊社システム不具合について

弊社オリジナル製品LandStation-S、LandStation-Y で、古い現場データを開く際に、
読み込み時に初期チェックエラーとなり、起動できない現象が発生しています。

原因として、2019 年11 月13 日のWindowsUpdate に不具合があり、それに起因するものと考えられます。

11月15日 18時以降に公開されたシステムのアップデートをご使用頂く事で、不具合への回避が可能となりました。
現象が発生されている方にはお手数をお掛けいたします。アップデートを行ってからご利用下さい。

ご不明な点につきましては 弊社までお問い合わせ下さい。
メール: develop@techno-web.co.jp

Windows向け月例更新プログラム適用後の不具合について(9/3更新)

マイクロソフトが2019年8月13日付けでリリースしたWindows向けの月例更新プログラムにおいて、不具合が生じているとの情報が14日に公開されております。
本プログラムを適用することで、弊社製品が正常に動作しなくなる可能性がございます。

【重要】
 弊社「用地調査支援システム」をWindows向け月例更新プログラム(2018/08/13)適用済みのPCでご使用される場合、
 プログラムが正常に起動しなくなる現象が確認されております。本件に対応する手順書をご用意しましたので、本情報と併せてご覧下さい。
2019年8月13日以降、「用地調査支援システム」が起動しなくなった際の対応手順

既に月例更新プログラムを適用済みで弊社システムが動作しない場合、マイクロソフト提供の修正ファイルを適用する事で改善出来る可能性がございます。
未だ月例更新プログラムが適用されていない場合、本プログラムの適用は行わないようにして下さい。

9月3日時点で本現象に対応する修正ファイルが公開されております。

対象OS

  • Windows10 /Windows Server 2019
  • Windows8.1/Windows Server2012 R2
  • Windows Server  2012
  • Windows 7 SP1/ Windows Server 2008 R2 SP1

また、修正ファイルが公開されていないWindowsをご使用の場合は弊社までご連絡をお願いします。
最新情報を入手次第、再度お知らせ致します。

参考URL
August 17, 2019—KB4512534 (OS Build 17763.720)(マイクロソフト)
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4512534/windows-10-update-kb4512534

August 19, 2019—KB4512509 (OS Build 17134.984)(マイクロソフト)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4512509/windows-10-update-kb4512509

Windows 10, version 1903 and Windows Server, version 1903
https://docs.microsoft.com/en-us/windows/release-information/status-windows-10-1903

※9/3更新 「バージョン 1903」についても修正ファイルが公開されております。

Windows10(1809以前)でプロテクト機器(HASP)が認識しない場合(2019/8/28更新)

当社製品で使用しているUSB型プロテクト機器「Sentinel HASP」の最新版ドライバは、ジェムアルト社のサイトよりダウンロードして下さい。

本ドライバは2019年8月28日現在、下記のバージョンのWindowsにて動作確認されております。

  • Windows 7 SP1
  • Windows 8.1 SP1
  • Windows 10 Version 1903(Version 1809をご使用中の方は下記の「ご注意」をご覧下さい)
  • Windows 10 Insider Previewビルドには対応しておりません。

当社対応製品

  • LandStationシリーズ(Windows対応製品)、T-Converter
    ※TSアプリケーション(TS-DOR、DIG、DSK等)はWindows8/10以降での動作は保証しておりません。

ダウンロード手順

  1. 下記リンクをクリックして下さい。ダウンロードサイト(別ウィンドウで表示されます)※上記サイトのアドレスは予告なく変更される場合がございます。
    ページが正しく表示出来ない場合、下記の手順でダウンロードサイトを表示して下さい。

    1. ジェムアルト https://sentinel.gemalto.jp/ へアクセス
    2. メニュー「サポート」-「SENTINELドライバとダウンロード」をクリックします。
    3. 画面中程の選択箇所より下記の通り選択して下さい。
      User Category:「End User」
      Product:「Sentinel HASP」
      Operation System:「Windows」
      Type:「Runtime & Device Driver」
    4. 「Search」ボタンを押して下さい。
  2. DESCRIPTIONに表示されるファイルから「Sentinel HASP LDK – Windows GUI Run-time Installer」を選択
  3. 画面下部の「I Accept」をクリック
  4. 「Click here to download file (browser pop-ups must be allowed):」で 表示されるリンクをクリックし、ダウンロードして下さい。

インストール手順

  1. HASPが装着されていた場合、取り外しておいて下さい。
  2. ダウンロードしたファイル(~.zip)を解凍頂き、フォルダ内の「HASPUserSetup.exe」を実行します。
  3. 画面の指示に従い、ドライバのインストールを行って下さい。
    ※この時、既に旧バージョンのドライバがインストールされていた場合「Repair」「Remove」の選択肢が表示されます。
    その際は、下記の手順を行って下さい。

    1. 「Repair」「Remove」の選択画面が表示されますので、「Remove」を選択し「Next」を押します。
    2. 旧バージョンのドライバの削除が行われます。画面の指示に従って、ドライバの削除を行って下さい。
    3. 再度、インストール手順1からインストールを行って下さい。
  4. HASPを装着すると本体内蔵のLEDが点灯状態となります。
    (点滅状態や、Windowsのドライバが設定されている状態の場合はお待ち頂下さい)
  5. プログラムの動作を確認して下さい。

ご注意

  • Windows 10 Version 1809環境の場合本ドライバをインストールしてもプロテクト機器が認識しない場合があります。
    この場合は一度ドライバをアンインストール後、Windowsを再起動してからインストールを行って下さい。

    • ドライバのアンインストール手順
      1.下記の「ダウンロードサイト(別ウィンドウで表示されます)」をクリック、
      「Sentinel HASP LDK -Command Line Run-time Installer」をダウンロード
      2.「スタート」を右クリックして「ファイル名をして実行」を選び
      3.1でダウンロード・解凍したファイル「haspdinst.exe 」を2のウィンドウにドラッグ&ドロップ
      4.2のウィンドウ末尾に 「~haspdinst.exe (空白) -r」を追加 ※(空白)はスペースです。
      5.アンインストールが成功すると「Operation successfully completed」のメッセージが表示されるので「OK」を押して下さい。
      6.アンインストール後、Windowsを再起動します。

     

【重要】2019年8月13日以降「用地調査支援システム」が起動しなくなった際の対応手順

弊社「用地調査支援システム」をWindows向け月例更新プログラム(2018/08/13)適用済みのPCでご使用される場合、
プログラムが正常に起動しなくなる現象が確認されております。

本件に対応する手順書をご用意しました、該当されるお客様は本書をご参考にして下さい。

また、『Windows向け月例更新プログラムで当社製品に不具合の可能性』記事も併せてご覧下さい。

 

弊社オリジナルAPのWindows10(バージョン1803)による障害について(解消の報告)

弊社システムをWindows10でご使用頂いて居る場合、アップデート機能等によりバージョンを「1803」に更新すると、
対象となるシステムが正常に動作しなくなる現象を一部のパソコン確認いたしました。

先日(2018/7/25)にマイクロソフトより公開されたアップデートプログラムの最新版を適用することで、本現象が解消されたことを確認致しました。

本現象が発生する弊社システムをご使用中の皆様へは大変お手数・ご迷惑をお掛けしておりました。

Windows10(バージョン1803)をご使用の場合、ご使用となるパソコンのバージョン番号を再度ご確認頂き、お手数ですがアップデート機能を実行頂き、OSのバージョンを最新版に更新して下さい。

  • 対象システム
    ・地籍調査支援システムLandStation-S
    ・用地調査支援システムLandStation-Y
  • 対応しているパソコンのバージョン情報
    ・OS:Windows10 バージョン1803(OSビルド17134.191)
    ※本現象はWindows10 バージョン1709以前、またWindows8.1以前のOSで弊社製品をご使用のお客様は該当致しません。

Windows10のバージョンの確認手順
1)スタートボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」メニューを選択して下さい。
2)名前の欄に「winver」と半角で入力し、「OK」ボタンを押して下さい。


3)「Windowsのバージョン情報」が表示されますので、ご使用のWindows10のバージョン・OSビルドを確認して下さい。
(確認後は「OK」ボタンを押して本画面を閉じて構いません)

ご不明な点、お気づきの事項等ございました際は弊社までご連絡下さい。
メールアドレス:develop@techno-web.co.jp

引き続き弊社製品をご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。