UAV業務支援システム LandStation-UAV |

地籍・現地調査支援システムLandStationシリーズ等のソフトウェア開発・販売、測量・GPS・GIS・建設・計測関連ソフト・ハードの販売

〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台三丁目1-45

Tel.022-297-2151

 Fax.022-297-2177


E-mail:techno@techno-web.co.jp



UAV業務支援システム LandStation-UAV

飛行ルート作成・精度管理対応

マルチコプターに関する業務支援システム

  • 最新要領案に対応
    国土地理院「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」記載
    第3編「UAVによる空中写真を用いた三次元点群作成」準拠の精度管理表作成に対応します。
  • ドローンレーザーに対応
    カメラによる計測範囲作成はもちろん、レーザースキャナ搭載型UAVへの対応しております。
    レーザースキャナのキャリブレーション飛行ルートの作成が可能です。
  • 対応フォーマット
    LitchiやGS Proへのデータ出力により、UAVへの飛行ルートの登録が可能です。
    Litchiはウェイポイントの位置情報やカーブ、飛行速度などのCSV出力が可能です。
    GS ProはKMLでの出力となります。
    (別途オプションが必要です)

主な機能

飛行ルート

  • 国土地理院の基盤地図情報より数値標高モデルをダウンロードすることにより、飛行ルート上の高低管理が可能
  • ルート作成の背景は地理院地図やオープンストリートマップが対応
  • 撮影範囲のインポート(KML)が可能

精度管理

  •  国土地理院「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」記載、第3編「UAVによる空中写真を用いた三次元点群作成」準拠の精度管理表作成に対応
  • オルソからの水平位置の検出・検証に加え、点群(LASデータ)による高さの検証(逆距離加重法<IDW法>)へ対応
  • 国土地理院「UAV搭載型レーザスキャナを用いた公共測量マニュアル(案)」準拠の各種様式にも対応予定

動作環境

  •  OS
    Windows®7/8.1/10日本語版 64ビット版 (32ビット版には対応しておりません)
  • 必要ソフトウェア
    VCテクノロジー Litchi ・ DJI GS Pro のいずれか(追加オプションが必要)
    Microsoft Excel Version 2010 以降(精度管理表出力)
  • PCのハードウェア環境
    CPU 1GHz以上 / メモリ 2GB以上を推奨 / 一部機能はインターネットへの接続が必要

※本環境は2018年7月時点の物です。
※各OS・ソフトウェア・ハードウェアのサポート期間を経過した環境での動作は保証致しかねます。

本製品のお問い合わせ

株式会社テクノシステム 開発部
TEL: 022-297-2151
e-mail:develop@techno-web.co.jp