地籍・現地調査支援システムLandStationシリーズ等のソフトウェア開発・販売、測量・GPS・GIS・建設・計測関連ソフト・ハードの販売

〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台三丁目1-45

Tel.022-297-2151

 Fax.022-297-2177


E-mail:techno@techno-web.co.jp



UAVレーザー(レーザースキャナー搭載型マルチコプター)

UAVレーザー(レーザースキャナー搭載型マルチコプター)

 

商品紹介
近年、マルチコプターによる空撮に注目が集まっていますが、その一方でUAVレーザーも活用されはじめております。写真解析による3次元化では写真の解析に多くの時間を要しますがUAVレーザーの場合は取得データ自体が3次元データとなりますので後処理の時間を大幅に短縮できます。また写真解析では困難な樹木の下などでもUAVレーザースではラストパルスとして反射されたデータを使うことで地表面のデータを作成できます。(樹木の葉が密に生い茂る場所では地表面データを作成できない場合があります)

 

 

UAVレーザーとは
小型レーザースキャナーを搭載したマルチコプターのことす。3次元データを取得する仕組は航空レーザー測量と同じで「レーザースキャナー」「GNSS」「IMU」の技術を使います。
「レーザースキャナー」:レーザー光を照射し反射して戻ってくるまでの時間を調べて距離を決定します。
「GNSS」:マルチコプターの位置(レーザースキャナー位置)を知るための装置で3次元データの位置(X,Y,Z)のもとになります。
「IMU」:慣性計測装置と訳され、機体の姿勢や加速度を測ります。この値によりレーザー光の方向を補正します。
これらの技術によって地表に達したレーザー光の位置(X,Y,Z)を算出しています。
レーザー光は点ではなく円形の面で対象物にあたり反射するため入射角が小さくなるほど精度が低下します。
これは機体の真下が最も精度が良く、離れるにつれて精度が悪くなることを意味します。これに加え
対地高度が高くなれば横方向の密度が薄くなり、低くなれば密度が濃くなります。縦方向(進行方向)は機体の飛行速度により変化します。

UAVレーザー導入をお考えの方に
現在、マルチコプターに搭載できるレーザースキャナーは各メーカーより発売されています
性能、価格も様々ですがレーザースキャナーの性能を比較する場合「重量」「スキャン角」「スキャン速度」が最も注目すべき所ではないでしょうか?
「重量」:マルチコプターのペイロード以内であることは必須条件ですが飛行時間に関係します。
「スキャン角」:何度単位でレーザー光を照射するかの数値で小さいほど細かく照射することになります。
「スキャン速度」:1秒間に何点のデータを取得できるかの数値で数値が大きければ早く大量にデータを取得できることになります。
スキャナーの性能と同じくらいIMUの性能も重要となります。
IMUは機体の姿勢を数値で取得します。レーザーが照射されたときの機体の姿勢を照射されたレーザーの方向に対して補正しますので姿勢の値を正確に取得できなければすべて精度の悪いデータとなってしまいます。
弊社ではスキャナーのみならずその他周辺機器の性能も考慮し目的に応じた最適な組み合わせをご提案いたします。

 

マルチコプター

DJI
Matrice600Pro

レーザースキャナー

Velodyne
VLP-16

RIEGL
miniVUX-1

RIEGL
VUX-1 UAV

IMU

Trinble
APX15UAV

Sensonor
OEM-STIM-300

KVH
IMU-KVH-1750

NOVATEL
µIMU

 

 

メーカーサイト
Matrice600Pro
Phoenix LiDAR System(英語)
Velodyne Lidar(英語)
LIEGL JAPAN