GPS・ソナー搭載  自律航行無人リモコンボート  RC-S3 |

地籍・現地調査支援システムLandStationシリーズ等のソフトウェア開発・販売、測量・GPS・GIS・建設・計測関連ソフト・ハードの販売

〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台三丁目1-45

Tel.022-297-2151

 Fax.022-297-2177


E-mail:techno@techno-web.co.jp



GPS・ソナー搭載  自律航行無人リモコンボート  RC-S3

 


※音楽が流れます。音量にご注意下さい。

調査用無人リモコンボート システム概要

国土交通省新技術情報(NETIS)
登録技術(KK-080050-V) H26:活用促進技術 登録
東京都新材料・新工法登録技術

  1. 調査費用のコスト削減
  2. 困難な場所で調査可能
  3. リアルタイムデータ収集と高性能

1.調査費用のコスト削減≪すぐれた経済性≫

  • 大掛かりな準備不要により、大幅な作業時間短縮。
  • ボート規格 幅35cm 長さ120cm 重量12kgと小型で一人で運搬可能
  • 人件費の大幅削減(作業員数の軽減)
  • 諸経費(船舶・船外機・燃料等)が不要(バッテリーの充電費のみ)

    調査コスト約40%の削減可能(NETIS評価情報より)

2.困難な場所で調査可能≪安心・安全に調査≫

  • 有人ボートでは困難な浅瀬や危険水域への調査可能。
  • 強力サーボモーターのツインスクリューにより、流速の早い浅瀬でも計測可能。
  • 座礁、転覆、転落等事故の危険がない。
  • 自動回帰機能による安全性。(通信遮断時やバッテリー低下時に自動で戻る)
  • 電動モーターのため排煙、油流出がなくクリーンかつ低騒音。

3.リアルタイムデータ収取と高機能≪主な機能≫

  • 自立側線(128測線)航行、目的地(255点)航行
  • 自立測線航行は、測線離れ±50cm以内(通常20〜30cm程度)
  • 自動回帰機能
  • 測深範囲 50cm~80m
  • 音響測深機の指向角(6°)及びゲインコントロール(H/L:各20レベル)による高精度測深
  • 遠隔操船可能範囲 800m(無線LANによるリアルタイム相互通信)

RCS3サンプル画像