地籍・現地調査支援システムLandStationシリーズ等のソフトウェア開発・販売、測量・GPS・GIS・建設・計測関連ソフト・ハードの販売

〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台三丁目1-45

Tel.022-297-2151

 Fax.022-297-2177


E-mail:techno@techno-web.co.jp



デジタルレベル対応 横断手簿作成 LandStation-DL

デジタルレベル+データコレクタで、さらに簡単・快適に横断手簿を作成!

  • デジタルレベル『DL-500シリーズ』とデータコレクタ『FC-500/250』で横断の距離・高さを簡単に取得・記録できます。
  • 記録した横断の情報を元に、横断手簿がExcelファイルにて簡単に出力できます。
  • 横断SIMAファイルの出力も可能です。

  • FC-500/250用プログラム『DL-Pad』
    • データコレクタ『FC-500/250』デジタルレベルと接続※1
      横断データは『FC-500/250』に保存されます。データ数などの制限を気にせずご利用頂けます。
      ※1 接続には専用ケーブルが必要です。
  • PC用横断手簿作成プログラム『DL-Writer』
    • データを読み込むだけで、横断手簿がExcelで出力されます。
    • 帳票のカスタマイズ機能で、帳票の出力位置・罫線などの様式の調整が可能です。
    • 横断SIMAが出力可能です。

現場での操作の流れ

  • データコレクタでデジタルレベルを操作、測定データはデータコレクタに保存されます。
    測定の手順(例)
    1)最初に中心線にスタッフを配置し、測定します。
    2)順番にスタッフを移動し、測定を行います。
    3)機器の測定位置から、左右反対側もそのまま測定可能です。
    4)データコレクタの設定により、機器の後方向も測定。
  • 画面指示に従って操作するだけで、スムーズな測定が可能です。

屋内での操作の流れ

  • PCで、現場ファイルを開くだけで横断測量観測手簿がExcel上に作成されます。
    1)現場で測定したデータファイルを選択すると、「点名」「標高」「方向線からの逃げ」などがセットされます。
    2)確認の上、「OK」を押して下さい。
    3)『横断測量観測手簿』がExcel上に作成されます。
  • Excelファイルで帳票が出力されます。レイアウトや名称などのカスタマイズ※1 も可能です。
    ※1 帳票の書式追加・作成については弊社までご相談下さい

システム構成

  • デジタルレベル
    • トプコン:DL-500シリーズ(DL-502/DL-503)
      ※ソキア:SDLシリーズ(SDL30/SDL50)にも対応
    • バーコードスタッフ・シリアルケーブル (デジタルレベル専用品)
  • データコレクタ
    • トプコン:FC-500/250
      ソキア:SHC500/250 他
      (WindowsMobile 搭載PDAでシリアルケーブル接続が可能なもの)
  •  Windows搭載PC
    • Windows 7 以降搭載のPC (Microsoft Excel 2007以降が動作可能な機種)
  • ソフトウェア
    • LandStation-DL
      • DL-Pad(データコレクタ用プログラム)
      • DL-Writer(PC用プログラム)
    • Microsoft Excel 2007以降

各製品の詳細は、メーカーサイトをご覧下さい。
トプコン DL-500シリーズ   ソキア SDL30/SDL50
トプコン FC-500  FC-250   ソキア SHC500  SHC250

カタログ

PDFファイルをご覧頂くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
アドビシステムズ社よりダウンロード(無償)してご覧下さい。

本製品のお問い合わせ

株式会社テクノシステム 開発部
TEL: 022-297-2151
e-mail: develop@techno-web.co.jp