LandStationシリーズ等ソフトウェア開発・販売、測量・GPS・GIS・建設・計測関連ソフト・ハードの販売

〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台三丁目1-45

Tel.022-297-2151

 Fax.022-297-2177


E-mail:techno@techno-web.co.jp



情報化施工で差をつけよう!!

情報化施工とは?

情報化施工とは、設計データを搭載した重機や測量機器を使用し、データに従って施工する最先端の技術です。
国土交通省からは各種要領(案)が出されており、総合評価落札方式や工事成績評定などで優遇されています。
当社ではシステムの提案・ご説明から、現場での操作説明まで全てに対応いたします。

まずは一度お問合せ下さい。
画像をクリックして下さい

■お問合せはこちら
techno@techno-web.co.jp
022-297-2151 建設営業部まで

お知らせ

オリジナル3D-MGシステム開発しました

HLGロゴ

 

敷均し2

 

 

 

 

 

 

GPSを使った情報化施工をマシンガイダンスから始めませんか?
簡単に、低コストで計画までの高さをガイダンスします。
高さチェックのために何度も乗り降りしないでください。
運転席に座ったまま高さが確認できます。

IMG_3723

 

 

 

 

 

 

 

取付はマグネットでもOK!
(重機に合わせていろいろ対応いたします)

 

詳しくはこちら

 

技術情報

3D-MC グレーダー

グレーダーpic

この技術は設計面に沿って高精度にブレードを自動制御するシステムです。複数勾配や3次元曲面の複雑な設計も高い精度を保ちます。また、複雑なオペレーションを要求されるグレーダーの操縦をステアリングとアクセルワークだけの優しい操作にできます。

グレーダー画面2

3D-MC フィニッシャー

フィニッシャーpic

この技術は設計高さ通りにスクリードを自動制御します。3次元の面管理によって複雑な勾配や面の舗装も自動化ができます。ソニックセンサーやスロープセンサーとの組み合わせもできます。

RTK-GPS

Hiper2

この技術は従来行っていた測量作業を視通を気にせず一人ですることができます。杭打ちや横断観測などの作業のほか、あらかじめ設計データを入力する事で計測したポイントの切り盛り量がその場で確認できます。今後は出来形管理をこの手法で行う計画が上がっています。

3D-MG バックホウ

バックホウpic

この技術はGNSS(GPS+GLONASS)と3次元設計データを融合し、リアルタイムにバケットの刃先位置を表示します。見えにくい場所でも設計通りの切り出し位置が把握できます。複雑な形状でも設計通りの施工が実現します。

バックホウ画面

TS出来形管理

この技術は従来テープとレベルで計測していた出来形をトータルステーションを用いて3次元で計測する技術です。今年度から対象の工種が拡大され、来年度からは標準化になります。
tsdekigata
あらかじめ設定した3次元の設計データを搭載したトータルステーションで各ポイントを計測すると、
リアルタイムに設計値との差が確認できます。
幅、法長などは2点計測すると自動的に計算します。

tsdekigata-2
また、計測したデータはコンピュータに取りこむと自動的に出来形帳票ができます。
外業・内業ともに効率化と品質アップができます。
さらにNETIS技術も併せて活用できるメーカーもございます。詳しくはお問合せ下さい。

転圧管理システム

tenatsu
盛土の締固めにおける品質管理をGPSなど利用して、面的な管理を行ないます。
今年度新しくなった国土交通省「GPS・TSを用いた盛土の締固め情報化施工要領」に対応したシステムです。
現場状況に合わせてGPS、TSをご提案いたします。
プラスαの技術提案もご相談に応じます。

3D-MC ブル

3dmsbull
設計データを基に油圧コントロールを駆使して、ブルドーザーブレードの自動制御を行ないます。
高低差のある現場や複雑な勾配の設計に対して排土板を自動制御しますので作業効率が大幅にUPします。
更に、丁張り設置作業は大幅に削減できます。