オリジナルAP | 株式会社テクノシステム

株式会社テクノシステム

LandStationシリーズ開発、測量・GPS・GIS・建設・計測などハード・ソフトウェア販売・ドローン業務提案

〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台三丁目1-45

Tel.022-297-2151

 Fax.022-297-2177


E-mail:techno@techno-web.co.jp


業務に特化したシステムを独自に開発しております。
その他、様々なニーズに対応しております。

作業効率化のお手伝いをさせて頂きます。
気になることがございましたらご連絡ください。

最新情報

弊社オリジナルAPのWindows10(バージョン1803)による障害について(解消の報告)

弊社システムをWindows10でご使用頂いて居る場合、アップデート機能等によりバージョンを「1803」に更新すると、
対象となるシステムが正常に動作しなくなる現象を一部のパソコン確認いたしました。

先日(2018/7/25)にマイクロソフトより公開されたアップデートプログラムの最新版を適用することで、本現象が解消されたことを確認致しました。

本現象が発生する弊社システムをご使用中の皆様へは大変お手数・ご迷惑をお掛けしておりました。

Windows10(バージョン1803)をご使用の場合、ご使用となるパソコンのバージョン番号を再度ご確認頂き、お手数ですがアップデート機能を実行頂き、OSのバージョンを最新版に更新して下さい。

  • 対象システム
    ・地籍調査支援システムLandStation-S
    ・用地調査支援システムLandStation-Y
  • 対応しているパソコンのバージョン情報
    ・OS:Windows10 バージョン1803(OSビルド17134.191)
    ※本現象はWindows10 バージョン1709以前、またWindows8.1以前のOSで弊社製品をご使用のお客様は該当致しません。

Windows10のバージョンの確認手順
1)スタートボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」メニューを選択して下さい。
2)名前の欄に「winver」と半角で入力し、「OK」ボタンを押して下さい。


3)「Windowsのバージョン情報」が表示されますので、ご使用のWindows10のバージョン・OSビルドを確認して下さい。
(確認後は「OK」ボタンを押して本画面を閉じて構いません)

ご不明な点、お気づきの事項等ございました際は弊社までご連絡下さい。
メールアドレス:develop@techno-web.co.jp

引き続き弊社製品をご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

Windows10(1709以前)でプロテクト機器(HASP)が認識しない場合

当社製品で使用しているUSB型プロテクト機器「Sentinel HASP」の最新版ドライバは、ジェムアルト社のサイトよりダウンロードして下さい。

本ドライバは2018年7月5日現在、下記のバージョンのWindowsにて動作確認されております。

  • Windows 7 SP1
  • Windows 8.1 SP1
  • Windows 10 Version 1709
    (Version 1803(Windows 10 April Update 2018)へは2018/06/28現在対応されておりません。ご注意下さい)

当社対応製品

  • LandStationシリーズ(Windows対応製品)、T-Converter
    ※TSアプリケーション(TS-DOR、DIG、DSK等)はWindows8/10以降での動作は保証しておりません。

ダウンロード手順

  1. 下記リンクをクリックして下さい。

    ダウンロードサイト(別ウィンドウで表示されます)

    ※上記サイトのアドレスは予告なく変更される場合がございます。
    ページが正しく表示出来ない場合、下記の手順でダウンロードサイトを表示して下さい。

    1. ジェムアルト https://sentinel.gemalto.jp/ へアクセス
    2. メニュー「サポート」-「SENTINELドライバー」をクリックします。
    3. 画面中程の選択箇所より下記の通り選択して下さい。
      User Category:「End User」
      Product:「Sentinel HASP」
      Operation System:「Windows」
      Type:「Runtime & Device Driver」
    4. 「Search」ボタンを押して下さい。
  2. DESCRIPTIONに表示されるファイルから「Sentinel HASP LDK – Windows GUI Run-time Installer」を選択
  3. 画面下部の「I Accept」をクリック
  4. 「Click here to download file (browser pop-ups must be allowed):」で 表示されるリンクをクリックし、ダウンロードして下さい。

インストール手順

  1. HASPが装着されていた場合、取り外しておいて下さい。
  2. ダウンロードしたファイル(~.zip)を解凍頂き、フォルダ内の「HASPUserSetup.exe」を実行します。
  3. 画面の指示に従い、ドライバのインストールを行って下さい。
    ※この時、既に旧バージョンのドライバがインストールされていた場合「Repair」「Remove」の選択肢が表示されます。
    その際は、下記の手順を行って下さい。

    1. 「Repair」「Remove」の選択画面が表示されますので、「Remove」を選択し「Next」を押します。
    2. 旧バージョンのドライバの削除が行われます。画面の指示に従って、ドライバの削除を行って下さい。
    3. 再度、インストール手順1からインストールを行って下さい。
  4. HASPを装着すると本体内蔵のLEDが点灯状態となります。
    (点滅状態や、Windowsのドライバが設定されている状態の場合はお待ち頂下さい)
  5. プログラムの動作を確認して下さい。

縦断・横断手簿作成システム LandStation-DL

デジタルレベル+データコレクタで、さらに簡単・快適に縦断・横断手簿を作成!

  • デジタルレベル『DL-500シリーズ』とデータコレクタ『FC-500/250』で縦断・横断の距離・高さを
    簡単に取得・記録できます。※ソキア製『SDL30/50』、『SHC-500/250』でも操作可能
  • 記録した縦断・横断の情報を元に、縦断・横断手簿が簡単に出力できます。
  • データコレクタ用プログラム『DL-Pad』
    • データコレクタ『FC-500/250』又は『SDL30/50』デジタルレベルと接続※1
      横断データは『FC-500/250』又は『SHC-500/250』に保存されます。
      データ数などの制限を気にせずご利用頂けます。
      ※1 接続には専用ケーブルが必要です。
  • お手持ちの測量CADで縦断手簿が出力可能。※縦断観測
    • 縦断観測後に生成された、縦断観測SIMAを測量CADにインポートするだけで、
      縦断手簿の出力が可能です。
  • PC用横断手簿作成プログラム『DL-Writer』※横断観測
    • データを読み込むだけで、横断手簿がExcelで出力されます。
    • 帳票のカスタマイズ機能で、帳票の出力位置・罫線などの様式の調整が可能です。
    • 横断SIMAが出力可能です。

(さらに…)

弊社 地籍調査支援システム・用地調査支援システム ご利用のお客様へ重要なお知らせ(10/13更新)

弊社「LansStation-S 地籍調査支援システム」ならびに「LandStation-Y 用地調査支援システム」をご使用中のお客様へお知らせです。

ご使用中のPCにインストールされているOfficeがOffice 2016(Office365)」の場合、9月以降、Officeの不具合に起因する現象で、弊社システムが起動しない不具合が発生しておりました。
本現象につきまして、10/10よりマイクロソフトより配布されているOffice最新版にて修正・解消されました。

不具合の概要は下記リンクよりご覧下さい。
Office 2016 バージョン 1708 以降で日本語の VBA モジュール名を含むファイルを開くとエラー

該当バージョンを使用していた場合、弊社「LansStation-S 地籍調査支援システム」ならびに「LandStation-Y 用地調査支援システム」において、下図のようなエラーメッセージが表示され正しく起動しない現象が確認されております。

下記メッセージで
「OK」をクリックすると組み込まれたプログラムが削除され、プログラムをご使用頂けなくなりますので、必ず「キャンセル」をクリックしてください。

※万一、「OK」をクリックした際は、下記手順によりOffice環境を更新頂きました後、弊社システムの再インストールと最新版への更新を行って下さい。

現在、本現象を確認している環境

・地籍調査支援システムLandStation-S(全てのバージョンが対象となります)
・用地調査支援システムLandStation-Y(全てのバージョンが対象となります)

・Microsoft Office 2016(Office 365) 1708 (16.0.8431.2079)
※Microsoft Accessランタイムを使用している場合、ExcelやWord等のバージョンをご確認下さい。

上記環境をご利用のお客様におきましては、対応手順をまとめたPDFをご覧頂き、速やかにご対応を頂きますよう、お願い申し上げます。

Access2016エラー詳細と対応手順

お手数をお掛けいたします。何卒、よろしくお願い申し上げます。

座標変換ユーティリティ LandStation-CZ

簡単操作で座標を高速に一括変換!

  • 『平面直角座標系』の座標を、『緯度・経度』へ。『緯度・経度』の座標を『平面直角座標系』へ。
  • 座標は「テキストファイル(CSV/TXT形式)」・「SIMA形式」ファイルからの一括取り込みに対応
  • 変換した座標は様々なファイル形式に変換が可能!(CSV・TXT・SIMA・KML・地理院地図・PC-Mapping)

(さらに…)