「地殻変動によって生じたずれを補正するための座標補正パラメータ(touhokutaiheiyouoki2011.par)」の使用方法 |

地籍・現地調査支援システムLandStationシリーズ等のソフトウェア開発・販売、測量・GPS・GIS・建設・計測関連ソフト・ハードの販売

〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台三丁目1-45

Tel.022-297-2151

 Fax.022-297-2177


E-mail:techno@techno-web.co.jp



GIS

「地殻変動によって生じたずれを補正するための座標補正パラメータ(touhokutaiheiyouoki2011.par)」の使用方法

国土地理院は10月31日に「地殻変動によって生じたずれを補正するための座標補正パラメータ(touhokutaiheiyouoki2011.par)」を公表しました。
PC-Mappingでこのパラメータを使用する手順をお知らせいたします。

地理院のホームページよりパラメータファイルをダウンロードします。
http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/patchjgd/main.html
「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」の自己解凍形式「touhokutaiheiyouoki2011.EXE」をダウンロードして実行します。

PC- Mappingのメニューにはありませんので、コマンドを直接入力して実行する必要があります。補正対象となるプロジェクトを開いた状態で「表示」-「そ の他のウインドウ」-「コマンドラインバー」でコマンドラインバーを表示させ、そこにコマンド「ConvertPatch」を入力しEnterキーを押す と、ダイアログボックスが表示されます。「補正パラメーターファイル」として地理院のホームページよりダウンロードした 「touhokutaiheiyouoki2011.par」を選択します。
以上の手順になります。
(追伸)Ver7.403より「設定」-「地殻変動による座標補正」としてメニュー化されました。

※実行後座標変換されますので必要に応じてバックアップを取っておいてからお試しください。